エックスサーバー | アフィリエイト実践術~うつ病・リストラからの生還

ワードプレスインストール方法

こんにちは。

瀬尾剛です。

前回までに、独自ドメインの入手と
Xサーバーをレンタルできたと思います。

今回は、Xサーバー上にワードプレスを
インストールする方法を解説します。

インストールするワードプレスの
バージョンは3.8になります。

少し長くなりますが、頑張ってください。

まずはじめに、Xサーバーのログイン画面を
こちらから開いてください。

以下のような画面に移ります。
wp1
Xサーバーレンタル時の登録メールを確認して
会員IDかメールアドレスとパスワードを
入力してください。

以下の画面が表示されます。
wp2
赤枠部分のログインをクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
wp3
赤枠部分に注目してください。
最初はドメインが”ユーザー名.xsrv.jp”に
設定画面になっています。

この”ユーザー名.xsrv.jp”は
独自ドメインではありません。
これを独自ドメインに変更する
必要がります。

wp4
赤枠の「ドメイン設定」をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
wp5
赤枠の「ドメインの追加設定」を
クリックしてください。

以下の画面が表示されます。
wp6
バリュードメインで取得した
独自ドメインを記入して、
「ドメインの追加(確認)」を
クリックしてください。

以下の画面が表示されます。
wp7
「ドメインの追加(確定)」を
クリックしてください。

以下の画面が表示されれば、
独自ドメインが登録Xサーバー
環境に登録されたことになります。
wp8
赤枠の「トップ」をクリックします。

次に、登録した独自ドメイン
設定画面に切り替えます。
wp9
赤枠で示したプルダウンメニューから
先ほど登録した独自ドメインを選択します。

プルダウンメニューを指定しても
赤線部分に示されるように設定対象
ドメインデータはまだ切り替わっていません。
wp10
左下の「設定対象ドメインの変更」
をクリックしてください。

以下のように設定対象ドメインが
登録した独自ドメインに変わっていれば
オッケーです。
wp11

次に下記「サーバー情報」をクリックしてください。
wp12

以下の画面が表示されます。
wp13
赤枠で囲んだネームサーバーを
メモ帳などにコピーしてください。

特に覚えておく必要もありませんが、
ネームサーバーについて少し説明して
おきます。

ネームサーバとは、ドメイン名をコン
ピュータが理解し易い形式(IPアドレス)
変換するコンピュータやサーバ
ソフトウェアのことを言います。

IPアドレスとは、インターネットの
データを送受信する機器を判別する
ための住所のようなものです。

実際には、11.22.33.44のように
0から255までの4つの数字を
ピリオドで区切った形で表わされます。

ネームサーバーは、
DNS(Domain Name System)サーバ
とも呼ばれることがあります。

少し脱線しましたが元に戻ります。

ネームサーバーをコピーしたら、
一旦、バリュードメイン
ログインしてください。
wp14
赤枠の「ネームサーバーの変更」を
クリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp15
Xサーバーに登録した独自ドメインを選択し
「変更」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp16
「クリアするにはここをクリックして下さい」
のリンクをクリックしてください。

Xサーバーの「サーバー情報」で
メモをしたネームサーバーを
入力してください。
wp17
最後に「保存する」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されれば
バリュードメインでの登録は完了です。
wp18

Xサーバーの画面に戻ってください。
wp19
赤枠の「トップ」をクリックしてください。

次はMySQL5の設定を行います。

MySQL5とはデーターベースの名前です。
ワードプレスの入れ物と思ってもらえれ
ばよいかと思います。
wp20
「MySQL5設定」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp21
「MySQLの追加」をクリックします。

以下の画面でデーターベース名と
文字コードを指定します。
wp22
データーベース名は任意の英字を記入してください。

文字コードは「UTF-8」にしてください。
(文字化け防止になります)
wp23
データーベース名と文字コードの設定が
済んだら、「MySQLの追加(確認)」を
クリックしてください。

下記のような確認画面が表示されます。
wp24
「MySQLデーターベース追加(確定)」
をクリックしてください。

すると、以下のような画面が表示され、
MySQLデーターベースができあがります。
wp25
次に「MySQLユーザーの追加」を
クリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp26
ユーザーIDとパスワードを記入します。
ユーザーIDは任意の英数字を記入してください。
入力が終わったら、
「MySQLユーザーの追加(確認)」
をクリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp27
「MySQLユーザーの追加(確定)」
をクリックしてください。

以下の画面が表示されれば
MySQLユーザーの追加は完了です。
wp28
「MySQLの一覧」をクリックしてください。

以下のような画面が表示されます。
wp29
赤枠の「追加」をクリックしてください。
ユーザーIDにアクセス権が追加されます。

以下のような画面が表示されれば
アクセス権の追加は完了です。
wp30
「トップ」をクリックしてください。

トップ画面で独自ドメインが
設定されていることを再度確認
してください。
wp31
確認が済んだら、「自動インストール」
をクリックしてください。

下記のような画面が表示されます。
wp32
「プログラムのインストール」
をクリックしてください。

自動インストールの縦長の画面が表示されます。
wp33
下のほうの赤枠で囲んだ
WordPress日本語版の中の
「インストール設定」を
クリックしてください。

以下の画面で、
ブログ名(後でも変更できます)
ユーザー名(MySQLのユーザーID)
パスワード(MySQLのユーザーIDのパスワード)
メールアドレス
を入力します。
wp34
「インストール(確認)」をクリック
してください。

下記のような画面が表示されます。
wp35
「インストール(確定)」を
クリックしてください。

以下の画面が表示されれば
ワードプレスのインストール完了です。

wp36

おめでとうございます!

それでは、赤枠の中のリンクを
クリックしてください。

ログイン画面が表示されます。
wp37

ユーザー名はMySQLユーザーIDで
ログインします。

ログインできたら、以下の画面が
表示されます。
wp38

お疲れ様でした、以上で
「ワードプレスインストール方法」
が終了となります。

次回は「ワードプレスの投稿方法」の
説明をします。

以上

レンタルサーバーの契約方法

長くブログを運営していく場合には、
ワードプレスを使う必要があります。

ワードプレスを使うに当たって、
サーバーをレンタルする必要があります。

ここで言うサーバーとはブログのデータを
格納するファイルサーバーのことです。

ファイルサーバーというのは、ファイルを
保存して24時間いつでも稼働している
コンピューターです。

ファイルサーバーは、無料でレンタルする
こともできますが、長くブログを運営して
いく場合には、有料のサーバーをレンタル
することが必須となります。

以下に有料のレンタルサーバーの必要性を
説明します。

有料レンタルサーバーの必要性

有料のサーバーをレンタルするには費用が
かかりますが、以下の理由で
 エックスサーバー(以降、Xサーバーと表記)
をレンタルすることをオススメします。

●Xサーバーをレンタルするメリット
(1)大容量(x10プラン:1050円/月額で200GB)
(2)アクセス速度が速い
(3)安定している(落ちにくい)
(4)ユーザーが多い
 →多くのツールがテストされている
 →多くのマニュアルでXサーバーの説明がある
(5)ドメインが付け放題
(6)無料サーバーに比べて自由度が高い
 →無料サーバーは容量が小さい(多くて数GB)
 →無料サーバーは制限が多い
  例えば、以下のような制限があったりします
  ・独自ドメインが使えない
  ・ワードプレスが使えない
  ・サーバー上でプログラムが動作できない
  ・1ファイルサイズの制限が数MB

最近、wpXサーバーというワードプレスに特化した
レンタルサーバーが登場しましたがメリット(4)
を考慮すると、Xサーバーをオススメします。
(2013年12月27日現在)

ちなみに、一昔前までは、大手ASPのA8.netで、
Xサーバー(x10プラン:1050円/月額で200GB)が
自己アフィリエイト可能でしたが、
2013年12月27日現在、Xサーバー(x10プラン)は
自己アフィリエイト不可能となっています。

自己アフィリエイトがわからない人は、
こちらを参照ください。

なお、
以下はA8.netでの自己アフィリエイトは可能です。
・Xサーバー(x20プラン:2100円/月額で300GB)
・wpXサーバー

しかし、x20では月額の維持費がかさむのと
Xサーバー(x10)のメリット(4)を踏まえると、
やはり、Xサーバー(x10)をオススメします。

Xサーバーの契約手順

Xサーバーのレンタルサイト ← ここをクリックしてください。
x1

次に赤枠の「お申し込み」をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x2

一番下までスクロールしてください。
x3
赤枠をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x4
赤枠をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x5
「利用規約」と「個人情報の取扱いについて」を確認してください。

x6
確認したら赤枠の「同意する」をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x7
赤枠をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x8
任意のサーバーIDを入力して「検索」を
クリックしてください。

利用可能な場合、以下の画面が表示されます。
x9
赤枠の「お申し込み」をクリックしてください。

以下の画面に必要事項を記入してください。
x11
プランは「X10」を選択して、
「お申し込み内容の確認」をクリックしてください。

以下の確認画面の内容を確認してください。
x12
入力内容に間違いがなかったら、「お申し込みをする」
をクリックしてください。

すると以下のようなメールが届きます。
x13
インフォパネルのリンクをクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x14
会員IDまたはメールアドレスとパスワードを
入力し、「ログイン」をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x15
「料金のお支払い」をクリックしてください。

以下の画面が表示されます。
x16
[サーバーご契約一覧]のチェックボックスに
チェックをいれて、更新期間を指定したら
「お支払い方法を選択する」をクリック
してください。

支払いは、
(1)銀行振込
(2)クレジット
(3)コンビニ
(4)ペイジー
の中から好きな方法を一つ選ぶことができます。

それぞれ、画面に従って支払いを行ってください。

以上でレンタルサーバーの契約方法の説明は終わりです。

アフィリエイト実践術~うつ病・リストラからの生還 TOP » エックスサーバー